賢くリノベーションするコツ

リノベーションについての情報が満載

リノベーションに使える補助金~介護リフォーム

リノベーションに使える補助金~介護リフォーム 同居家族などが要介護あるいは要支援認定を受けた場合、その必要性に応じて住宅改修が利用できます。
リノベーションによる補助金でも地方自治体によっては独自に行うところもあるなど、手厚い面もあります。
制度上での住宅改修では、利用者の動線の確認なども行われ、必要かどうかをケアマネジャーが判断を行いその上で申請という流れをとります。
家族のみが使用をする場合などは認められないため注意が必要です。
こうしたリノベーションで受けられるものは、制度上ではケアマネジャーからの申請に基づき審査が行われます。
自治体職員によるチェックが行われ、その内容に問題がないかどうかを確認されます。
問題がないと判断されたときには、住宅改修後に9割相当額が返金されることになります。
いったん全額を利用者が業者に支払い、その後償還払いという形で利用者へと返金されることになります。
先に支払う余力が必要となるため、その点には注意が必要です。

バリアフリー化のためのリノベーションには補助金がもらえる

バリアフリー化のためのリノベーションには補助金がもらえる 高齢化の進展に伴い、国や自治体ではさまざまな支援策を打ち出していますが、バリアフリーを目的とした住宅改修工事に対する助成制度もその1つです。
一般的にはリフォーム工事費用の助成という名目でメディア報道などもなされていますが、要件を満たしてさえいればリノベーションにも適用されます。
バリアフリー工事に対する公的助成の代表的な存在と言えるのが、介護保険からの補助金支給制度です。
これは、要支援認定または要介護1~5の認定を受けている人が住む住宅において所定の工事を行った場合に、工事費用20万円を限度としてその9割(つまり最高18万円)を支給するというものです。
利用回数は被保険者1人につき1回限りですが、費用が20万円に達するまでは複数回にわたる工事に対して助成を受けることも可能です。
自治体も同様の助成を行っており、場合によっては併用も可能です。
詳しい条件や該当するリノベーション工事の内容などについては、専用のポータルサイトや自治体の公式サイトなどで知ることができます。

新着情報

◎2020/10/9

自治体個別の補助金
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

補助金~優良住宅化リフォーム
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「リノベーション 支援」
に関連するツイート
Twitter
Copyrignt(c) 2020 賢くリノベーションするコツ All Rights Reserved.