賢くリノベーションするコツ

補助金~優良住宅化リフォーム

補助金~優良住宅化リフォーム

補助金~優良住宅化リフォーム 家をリノベーションする際に、国が行っている長期優良化住宅リフォーム推進事業の対象住宅にあてはまれば補助金が受けられます。
補助率は、対象費用の3分の1で、補助限度額はリフォーム工事実施後住宅性能に応じて3段階に分かれます。
劣化対策・耐震性と省エネ性・維持管理のうちのいずれか1項目クリアしている評価基準型であれば100万円/戸。
前述の項目をすべてクリアした認定長期優良住宅型であれば200万円/戸。
さらに、認定長期優良型かつエネルギー消費量が省エネ基準より20%削減を満たした高度省エネルギー型であれば250万円/戸となります。
また、三世代同居対応改修工事、若者・子育て世帯の改修工事、既存住宅を購入し改修工事のいずれかの要件を満たす場合は50万円/戸を上限に加算されます。
あくまで優良住宅化に焦点を当てたものであるため、間取りの変更や壁紙の貼り替えなどは含まれませんが、リノベーションを検討する場合は補助金のことも念頭に置いて考えることがおすすめです。

リノベーションに関する補助金の申請方法は2種類ある

リノベーションに関する補助金の申請方法は2種類ある 住宅のリノベーションを行う目的は人によってさまざまで、単にデザインを一新して気分を変えたいという場合もあれば、住人の異動に合わせて間取りを変更したいという場合もあります。
中には、社会的にも意義のある工事を行うケースもありますが、そのような場合は一定の要件を満たせば公的な助成制度を利用することができます。

リノベーションに対する工事の助成制度は国の事業として行われているほか、多くの自治体も独自の制度を設けています。
内容はそれぞれの事業主体ごとにまちまちですが、基本的にはバリアフリー化・省エネ化・耐震化の3つが中心となります。
それぞれ、住民の安全や資源保護、住宅寿命の長期化などに役立つため、積極的に推奨されるものです。

申請方法は施主が直接自治体や国の機関などに申請して補助金を受け取る方式と、施工業者に対して補助金が支払われ、その分だけ工事代金が差し引かれる方式の2種類があります。
後者の場合は、施主が手続きを行う必要はありません。

新着情報

◎2020/10/9

自治体個別の補助金
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

補助金~優良住宅化リフォーム
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「リノベーション 内容」
に関連するツイート
Twitter
Copyrignt(c) 2020 賢くリノベーションするコツ All Rights Reserved.